すべのものにはことごとく終わりがあるが・・・

僕は、とあるInformationTechnology要素に勤めていますが、方のInformationTechnologyグランドに常駐する形で、クライアント要素のコンピュータプロセスのある一環をメインテナンスする専業を、かなりのたくさん行ってきました。すべのものには必ずや終わりがありますが、その永年慣れ親しんだプロセスから離れるシーンが来ました。離れることが決まって、一つのプロセスに携わる時があまりにも長過ぎた結果、私真新しいことにチャレンジするという気持ちが萎えていたことに気がつきました。一つのプロセスのメインテナンスと言っても、私のスタッフは職務アプリケーションなので、職務のリザーブに対応してのチェンジ基準がきっちり出てきます。そのチェンジの再現を二度と頻繁にやっていれば、まだまだ到達があったのですが、総額の壁紙に阻まれてぜんぜんできず、スパムアフターサービスが専業のほとんどで、何となく大過無く過ごすことを第はじめにしてしまっていました。ピースで安定した毎日を過ごすことは、見た目微笑ましく思えますが、それは本当は大きな変化へのカウントダウンであることに気がつくのが遅すぎました。のびのびスムージーの評判は上々です